広島インプラント予防歯科(三原市)

当院インプラント治療の特徴

HOME > 当院インプラント治療の特徴

広島インプラント予防歯科(三原市) インプラント治療の特徴

手術成功率が高く、生体となじみやすいHAインプラントというインプラント製品を広島ではいちはやく使用し、こだわりのインプラント手術と、その後の快適な人生をお約束できることを目指しております。

顎骨の量が少ない薄いといった理由で他歯科医院でインプラント手術を断られた方や、本来インプラント手術が不可能といわれている方でも、様々な高度な再生医療(顎骨増大術)を施術することにより、患者さんのご希望にお答えできるよう努力しております。

点滴による麻酔(別料金)により無痛に近い状態で、インプラント手術を行うこともできるようになりました。インプラント手術中の痛みを記憶しないため心身とも楽にインプラント手術が受けられるようです。

また、他歯科医院で行った、種類の異なるインプラント治療のアフターフォロー、アフターケアー、困難インプラント症例の再治療なども積極的に行なっております。

歯科CTによる精度の高いインプラント

歯科用CT(しかようCT)とは、近年開発された歯科に特化したCT装置。
デンタルCT、あるいはコーンビーム方式を用いているため、コーンビームCT(CBCT)とも言う。
主にデンタルインプラント、親知らずの抜歯、矯正歯科症例で見られる埋伏歯、などの歯科治療・診断に用いられているが、耳鼻科疾患に用いられることもある。

三次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマX線撮影法や口内法X線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因がわかることがある。
さらに医科用CTに比べて次のような利点があります。

* 装置がコンパクトで安価
* 被曝量が少ない
* 空間分解能が高い(0.1mmオーダーでの診断が可能)
* 金属アーチファクト(画像の乱れ)が少ない
* 短時間で三次元画像を構築できる
* 座ったまま撮影できるため閉塞感がない

インプラントはもちろん、歯科矯正治療の移動可能範囲や移動確認、歯の神経をとるなど根の中の治療の確認、歯周病治療時歯の周りの骨の確認など、診断と処置の精度を上げるためには必要な機器が歯科用CTなのです。

インプラントについて
インプラント冊子
大名歯科ホームページ
ご相談メールフォーム
プライバシーポリシー
リンク集
サイトマップ